レジャー白書 2012 - 日本生産性本部余暇創研

レジャー白書 日本生産性本部余暇創研

Add: copyhoc34 - Date: 2020-12-06 18:32:40 - Views: 984 - Clicks: 9757

一方、日本生産性本部 余暇創研『レジャー白書』は毎年、15歳以上の79歳以下の約3,000人を対象に、インターネットを活用して調査をしています。 社会生活基本調査の結果. レジャー白書発表会~余暇創研フォーラム「年の余暇実態、市場規模、トレンド & 「ゆるスポーツ」が創造する新たな余暇」 <とき・ところ> 年8月7日(月)14:00~17:00 東京・丸の内 日本生産性本部・経営アカデミー. 生産性労働情報センター編: a5判: 160: 1,320円 - 品切れ中 - レジャー白書 進むレジャーの「デジタル」化 (財)日本生産性本部 余暇創研: a4判: 165: 5,238円 - 品切れ中 - 地球温暖化への3つの選択~低炭素化・適応・気候改変のどれを選ぶか~. 公益財団法人 日本生産性本部 余暇創研は、『レジャー白書』を8 月初旬に発行する。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的に分析・記録している唯一のもので、1977 年の創刊以来通算41号目になる。. 日本生産性本部余暇創研の「レジャー白書」によると年の登山人口は650万。 年の860万人をピークとして年度により多少の増減はあるものの一時の登山ブームが一段落 し、近年の参加人口は減少傾向にあることが分かる。.

み出した。『レジャー白書 』(公益財団法人日本生産 性本部余暇創研)によると、フットサルの競技人口は370万 人となり、3年前の280万人から32. 1%増加したことが明ら かになった。このように日本におけるフットサルの普及は急. 「レジャー白書」に見るわが国の余暇の現状 (財)社会経済生産性本部 余暇創研 柳田尚也 財団法人社会経済生産性本部 余暇創研では、「レジャー白書~団塊世代・年問題と余暇の将来~」を7月にとりまとめた。. レジャー白書 日本生産性本部 余暇創研 余暇市場規模は2年連続で70兆円割れ 旬刊福利厚生 (), 46-48,.

年12月20日(木)公益財団法人日本生産性本部様主催セミナー「レジャー白書発表会 震災後の余暇を考える」にて、田中正人が講演をさせていただきます。. 公益財団法人日本生産性本部余暇創研は19日、東京・ビジョンセンター永田町で 「レジャー白書」の概要を発表した。当日は、余暇総研の志村武範主幹研究員 と桜美林大学ビジネスマネジメント学群の山口有次教授が概要を説明した。 同書は年における余暇市場のさまざまな統計データ. 2012 公益財団法人 日本生産性本部の余暇創研は、『レジャー白書~マイ・レジャー時代の余暇満足度~』をとりまとめた。 同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一の. 日本人の近年のレジャーに費やす費用や予算の推移がわかるサイトやデータはどこかにありますか? 年間表だとありがたいです。またレジャー費用や遊交費用ということでも大丈夫です。近年、どのような状況かを調べられて、夏休みの自由研究の宿題にためにさがしています。。最近の日本. レジャー白書 ~11年ぶりに余暇市場が増加~の調査データです。レジャー白書です。≫公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書〜マイ・レジャー時代の余暇満足度〜』をとりまとめた。.

公益財団法人 日本生産性本部の余暇創研は、8月24日、9月30日に発行予定の『レジャー白書』の概要を公表しました。 レジャー白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的に分析・記録している. 当フォーラムは、国内の余暇活動やレジャー産業を振り返り今後の展望について考える場として、年2月まで全4回にわたり開催する予定です。 第3回目では、“旅行動”を中心とした余暇活動の主な動向を理解した上で、スポーツ等による観光地の再活性. 公益財団法人日本生産性本部余暇創研は13日、東京都渋谷区渋谷の生産性ビルにおいて、『レジャー白書』発刊にあたっての記者発表会を開催した。近日中の刊行を予定する。最新刊では年の「パチンコ・パチスロ」への参加人口を前年比で180万人の増加となる1150万人、市場規模を前年比. Amazonで日本生産性本部のレジャー白書: 震災後の余暇を考える。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。. 日本生産性本部余暇創研が「レジャー白書」の続報を発表。60代以上の男女が行った余暇活動の分析結果では、男性は年齢が上がるほど参加.

公益財団法人 日本生産性本部の余暇創研は、『レジャー白書』を8月初旬に発行します。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的に分析・記録している唯一のもので、1977年の創刊以来通算43号目になります。. 公益財団法人日本生産性本部余暇創研は8月24日、ビジョンセンター永田町において「レジャー白書」の概要を発表。余暇創研の長田亮プロジェクトマネージャーと、桜美林大学ビジネスマネジメント学群の山口有次教授が概要を説明した。 年の余暇. 日本生産性本部 余暇創研は、『レジャー白書 ~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもの. 日本生産性本部 余暇創研はこのほど、年版「レジャー白書」の概要を発表した。それによると、年の余暇市場は71兆. レジャー白書、コロナ禍の影響分析 日本生産性本部・余暇創研が8月24日発表した「レジャー白書」(概要)は、コロナ禍とレジャー産業について特集した。調査の分析を共同で担当した桜美林大の山口有次教授は「マイクロツーリズムが促進されたとしても、交通機関への売り上げ貢献度は.

レジャー白書短信 第11号「スノースポーツ人口は530万人、スキー派が減少~重複を考慮したスキー、スノーボードの参加実態~」公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、「スノースポーツ」(「スキー」と「スノーボード」)に関する分析結果をまとめた。. 【中古】 レジャー白書() 震災後の余暇を考える /日本生産性本部余暇創研(著者) 【中古】afb. 日本生産性本部・余暇創研は18日、東京都千代田区のビジョンセンター永田町において「レジャー白書」の概要を発表。余暇総研の志村武範主幹研究員と、桜美林大学ビジネスマネジメント学群の山口有次教授が概要を説明した。 年の余暇市場動向を調査した同白書によると、パチンコ. Amazonで日本生産性本部 余暇創研, 日本生産性本部 余暇創研のレジャー白書~震災後の余暇を考える~。アマゾンならポイント還元本が多数。. 年の余暇活動を取りまとめた『レジャー白書』が 日本生産性本部余暇創研から9月30日に発行された。 コロナ禍以前の調査データが元になっているが、コロナ禍にあっても衰えないキャンプ人気を裏付けるデータを読み取ることができる。. タイトル: レジャー白書 進むレジャーの「デジタル」化: 著作者 (財)日本生産性本部 余暇創研: レジャー白書 2012 - 日本生産性本部余暇創研 コード. レジャー白書 進むレジャーの「デジタル」化 (財)日本生産性本部 余暇創研: a4判: 165: 5,238円 - 品切れ中 - 平成23年度 新入社員働くことの意識調査報告書: 日本生産性本部 生産性労働情報センター: b5判: 136: 3,300円. 財団法人日本生産性本部 余暇創研では、「レジャー白書 ~不況下のレジャー・フロンティア~」を7月にとりまとめた。 本白書は、平成20年1年間のわが国における余暇の実態を、需要サイド・供給サイド双方の視点から総合的にとりまとめたものであり.

タイトル: レジャー白書 ―震災後の余暇を考える― 著作者: 公益財団法人 日本生産性本部: コード:. 公益財団法人 日本生産性本部の余暇創研は、『レジャー白書~やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋~』をとりまとめた。 同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめて.

レジャー白書 2012 - 日本生産性本部余暇創研

email: uvesarog@gmail.com - phone:(459) 857-5301 x 4431

虫の虫 - 養老孟司 - おかわり倶楽部 珍味無用の雑学知識

-> 物理学への道 下 - 斉藤晴男
-> 奥居香のポップン・ギャング

レジャー白書 2012 - 日本生産性本部余暇創研 - エディポック 介護福祉士 試験突破スピード学習帳


Sitemap 1

「解き方」がわかる国語 文章読解 - 石関直子 - 国際経済学 渡辺太郎